バレンティッチ機消失事件

1978年10月21日/オーストラリア/オトウェイ岬
Cape Otway, Australia

概要

フレデリック・バレンティッチ
UFO目撃を無線連絡直後にセスナ機が行方不明になり、その後も機体は見つかっていない。
管制塔との生々しいやりとりが恐怖を誘う。

ウェールズのUFOウェーブ

1977年2月4日〜/イギリス/ウェールズ地方ブロード・ヘイブン一帯

概要

イギリスのウェールズ地方でUFO、宇宙人の目撃事件が多発

トラヴィス・ウォルトン事件

1975年11月5日/アメリカ/アリゾナ州アパッチ・シトグリーブス国有林
Apache Sitgreaves National Forest, Arizona, U.S.

概要

トラヴィス・ウォルトン
UFOの光線に打たれた青年が、数日後に生還する。
真贋を巡り論争になった誘拐事件。

甲府事件

1975年2月23日/日本/山梨県甲府市上町
Kamicho, Koufu-shi, Yamanashi-ken Japan

概要

少年二人が見たUFOと宇宙人
小学2年生二人が不気味な宇宙人と遭遇! 肩をたたかれ、奇妙な言葉で話しかけられる。
折れた柱、土壌の放射能などの物証も多い、日本で最も有名な事件。

マンスフィールドのヘリコプター事件

1973年10月18日/アメリカ/オハイオ州マンスフィールド近郊
Mansfield, OH, USA

概要

イメージイラスト
軍用ヘリがUFOと遭遇し、光線を浴びる。

フォークビル事件

1973年10月17日/アメリカ/アラバマ州フォークビル
Falkville, AL, USA

概要

宇宙人の写真1
4枚中の1枚。身長は子供くらいだったという。
匿名の電話を受けた警察署長が現場にかけつけ、銀色の宇宙人の写真を撮影!

パスカグーラ事件

1973年10月11日/アメリカ/ミシシッピー州パスカグーラ
Pascagoula, MS, USA

概要

二人を誘拐した宇宙人(数は3体)
夜釣り中の二人がアブダクションされる。

美女と野獣事件《特別掲載》

1995年〜1998年頃、7月の夜遅く
日本/某県の山中にある県道

概要

深夜、森に停めた車の中にいたカップルが、まぶしく輝く銀色のUFOに追われる。
逃げる途中、警察のスピード違反取り締まりにあって調べられたため、記録が残っている。
近隣の住人からも目撃証言があった。

介良(けら)事件

1972年8月25日〜9月下旬/日本/高知県高知市介良(けら)
Kera Kouchishi Kouchiken Japan
(少年達の記憶が曖昧なため、8月25日が正確かどうかはわからない)

概要

証言をもとに作られた模型
中学生達が小型UFOを何度も捕獲し、そのたびに消え失せるという前代未聞の事件。
甲府事件と並ぶ、日本の二大UFO事件。

ロニー・ヒル事件

1967年7月21日/アメリカ/ノースカロライナ州パムリコ郡
Pamlico, North Carolina, U.S.

概要

家の裏庭に着陸したUFOから宇宙人が現れ、少年がそれを写真に収める。

ベティ・アンドレアソン事件

1967年1月25日/アメリカ/マサチューセッツ州サウス・アッシュバーナム
South Ashburnham Massachusetts U.S.

概要

逆行催眠で思い出したグレイとの不思議な接触。

1950年、ニューヨークの葉巻型UFO

1950年3月20日/アメリカ/ニューヨーク州ニューヨークシティ
New York City, New York, USA

概要



ニューヨークの夜空に浮かぶ葉巻型UFO?

1870年ワシントン山、世界最古のUFO写真

1870年/アメリカ/ニューハンプシャー州ワシントン山

概要


ケネス・アーノルド事件が起きるはるか昔、1870年に撮影された、世界で最古のUFO写真と呼ばれるもの。
雪山もしくは雲を背景に、葉巻型の飛行物体が飛んでいる様子が映っているのだという。
拡大するとナチスドイツのハーケンクロイツ(鉤十字)のマークが見られるため、ナチスが作っていたUFOとの関連を指摘する人もいる。