日航機アラスカ事件

1986年11月17日/アメリカ/アラスカ州上空
Alaska, USA

概要

寺内機長によるUFOのスケッチ
日航機貨物便がアラスカ上空で巨大UFOに遭遇!
アンカレッジ付近まで追尾される。

詳細

謎の光体に追跡される

寺内機長(当時47歳)
日本航空の1628特別貨物便、ボーイング747型ジャンボジェット機は、ボジョレー・ヌーボーを載せ、東京に向けてその日の午前にパリを飛び立った。乗員は寺内謙寿機長、副操縦士、航空機関士の3名。
アイスランドのケフラヴィク空港で給油後、次の経由地であるアラスカのアンカレッジ空港に向かっていた。
寺内機長は航空自衛隊の戦闘機パイロットを経て日航に入った、総飛行時間10,329時間のベテランで、当時47歳だ。

アラスカ時間17日午後5時10分(日本時間18日午前11時10分)(航路の関係で、夜が明け始めたまだ暗い頃だという)、アンカレッジの北北東770km、北緯67度56分、西経141度0分、高度約10,600mを、時速910kmで航行中、突然左30度前方4km、下方650mに飛行機の「灯火」のようなものが2つ見えた。
アンカレッジの管制塔に問い合わせたが、レーダーには何も映っていないという返事だった。

光は日航機と同じ速度で飛び続け、二つの光体は“小熊がじゃれあうように”動きながら飛んでいた。
その間7〜8分、「これが世に言うUFOか!」と思った機長はオートフォーカスのカメラで撮影を試みる。しかし暗すぎてフォーカスが合わず、マニュアルにしても今度はシャッターが閉まってくれなかった。

やむなく観察を続けていると、二つの光体は突然上方150〜200mに瞬間的に移動して停止した。つまりこちらにすごいスピードで飛んできて急停止し、すぐに日航機と同じスピードで同じ方向に飛び始めたことになる。この3〜7秒間、逆噴射のように物体の光が猛烈に明るくなり、操縦室内部が真昼のように明るく熱く照らし出された。
飛行物体はDC8機の胴体(約48m)と同じくらいの大きさで、正方形に見えた。灯りだと思っていたものは左右の3分の1ぐらいのところにある無数の排気口の丸いノズルで、そのノズルが方向転換をすると光を放ちながらきれいにそろって上下左右にパッパッと動き、光が強まった時は炭が爆ぜるような火花が飛び散った。

3〜5分後、二つの物体は左前方40度の方向に移動して闇の中に一度消えたが、まもなく左前方に別の青い光を発見した。管制塔のレーダーにはやはり何も映っていない。機に付いている気象レーダーで見てみると、進行方向7〜8マイル(約12.6〜14.4km)のところに緑色の巨大な物体が捉えられた。
気象レーダーでは、金属の物体は赤く、雲などは緑に映るのだが、その日のアラスカ上空に雲は一つもなかった。

姿を現した巨大UFO

機がアラスカ中央部のフェアバンクス市上空にさしかかると、市街地の灯りに照らされた、物体の巨大なシルエットが浮かび上がった。
それは航空母艦を重ねあわせたような物体で、二つの光体は一つの巨大な物体の一部だった。機体の大きさはジャンボ機の全長(約70m)の数十倍はあった。
驚いた機長は再び管制塔に連絡した。管制塔からの指示どおり360度旋回し、高度も1,200m下げたが、物体は7〜8マイルの距離をおいてピタリとついてくる。

管制塔が確認のためF-14戦闘機を出そうと言ったが、「高度な技術を持った相手に対し、何か変なことをされたのでは申し訳ない」という機長の判断により、要請を断った。
アンカレッジ空港到着直前、物体は突然姿を消した。
同機の着陸は午後6時24分(日本時間18日午後0時24分)であった。

事件は12月30日に朝日新聞をはじめとした多くの新聞の朝刊に掲載された、マスコミの確認によると、日航機と管制とのやり取りの記録、アンカレッジ空港到着後に3人がアメリカ連邦航空局(FAA)から受けた事情聴取の記録も残っていた。

アメリカの航空専門誌「エビエーション・ウィーク・アンド・スペース・テクノロジー」誌などは、木星か火星と見誤ったのではないかと指摘した。
木星は当日、パイロットが飛行物体を目撃したのと同じ位置にあって明るく見えたはずで、初めに見えた光る2個の光体も、木星の右下に見えた火星を見誤ったのではないかという。
当時のアンカレッジの星空
機長はマスコミ数社の取材に応じた後、地上の仕事に回されてしまった。おそらく、利用客を不安にさせる発言をしたこと、そして謎の物体を見たという精神状態を懸念されたのであろう。数年後には復帰したものの、機長の口は重くなってしまった。
20年後の週刊新潮の取材に、すでに定年退職した寺内元機長は、「もう関わりたくないというのが本音だ」と語った。医者にも幻覚だったと言われたが、寺内氏は「見えたものを見たとおり説明しただけだ」という。

考察

UFOや宇宙人を見てしまったため、社会的信用を失墜してしまった例である。アダムスキーのようなあからさまな嘘であれば自己責任だが、実際に不思議な物を見てしまったのであれば(幻覚を含め)、それは当人の中では覆しようのない事実であるから、それを攻めることはできない。
一緒に目撃した副操縦士、機関士の証言は知らないのだが、3人とも見たのであれば幻覚の可能性は低くなる。
うまく写真が写せなかったというのが残念だ。
UFOの近くでは機械が故障するというEM効果だったのか、単に露出不足でオートフォーカスや自動露出機能が動かなかったためだろうか。

木星や火星を見誤ったとすると(大気の状態によってはかなり大きく見えるそうだ)、気象レーダーの反応が説明つかない。もっとも、公平には管制塔のレーダーには映らなかったという事実も考慮するべきだが。

なお、あまり語られることはないが、機長はこの事件の他にもUFOを見たという報告をしている。あまり何度も目撃している人物はかえって信用し難い。ぜひ副操縦士らの証言を資料から探してみたいと思う。

参考資料

0 件のコメント:

コメントを投稿