2017/3/1付 北朝鮮から? 不審バルーンが相次ぎ見つかる

情報ソース:東京新聞毎日新聞

毎日新聞より
福島県内で、青い液体とタイマーのような小型の機器が入った袋が付いた不審なバルーンが4個見つかった。
バルーンは縦約9m、横約1mの円柱に近い形をしている。付いていた小型の機器は大きさ約20cmで黒い色をしており、時間や分を示す表記があったという。
簡易検査の結果では、液体に危険性はなく、けが人も出ていない。

東京新聞より
同県川俣町では農家の男性が空を漂う様子を撮影した。
バルーンは伊達市、田村市、二本松市の他、昨年9月頃から秋田県、山形県などでも見つかっており、韓国から北朝鮮に向けて飛ばしたものだという。
県警では、「不審なバルーンなどを発見した際は、臭いをかいだりさわったりせず、通報してほしい。」と呼びかけている。

——UFO誤認関連として取り上げてみた。
北朝鮮から来たのではなく、韓国から北朝鮮に向けて飛ばしたものらしいのだね? しかし北朝鮮から来たのではないかという報道もある。正体不明なのだから、どこから来たのか諸説あるのも当然と言えば当然だ。
液体そしてタイマーのようなものが気になるが、韓国発のものであれば北朝鮮国民に対してのなんらかのプロパガンダなんだろうか?
今後も見つかるかもしれないので、UFOと見間違えないようにしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿